【セミナーレポート】名古屋開催、Google ショッピング広告を活用したEC集客施策セミナーにEC Booster事業責任者の川田が登壇しました!

2018年6月13日名古屋にて、グーグル合同会社、GMOメイクショップ株式会社、株式会社いつも.、株式会社フィードフォースの4社が参加するセミナー「スマホECの集客戦略と月商500万突破のチェックリスト大公開セミナー」が開催されました。弊社からは、EC Booster事業責任者の川田が登壇し、自社EC集客の新定番、最短5分からショッピング広告が開始できる「EC Booster」について紹介いたしました。

開催概要はこちらよりご確認ください。
https://www.feedforce.jp/information/13888/

(左から、フィードフォース川田、いつも.様、GMOメイクショップ立川様、グーグル田村様)

本セミナーでは、自社ECサイトで月商500万突破を目指すショップ様、自社ECサイトの集客数が伸びず、何から手を付ければ良いのか悩んでいる方、Google ショッピング広告を実施したいけれど、どうやって始めれば良いのかわからない方を対象に開催され、店舗の売上を最大化する集客施策から自社サイトの改善方法まで解説しました。

弊社からは自社EC集客の新定番「EC Booster」の紹介を中心に行いました。前半では、集客施策における環境変化やユーザー行動の変化について紹介し、Google ショッピング広告を始めるまでのステップ、出向時につまづきやすいポイント、パートナーやツールを利用する際の判断基準を解説しました。後半には「事例から見るGoogle ショッピング広告」と題して広告運用自動化ツール「EC Booster」のサービスデモや導入事例についてご紹介しました。

▼広告運用自動化ツール「EC Booster」導入事例インタビューは下記よりどうぞ!

●「3回チャレンジして諦めていたGoogleショッピング広告で成果を出せたワケ – ペット用品ECサイトによる広告運用自動化ツールの活用事例」(帝塚山ハウンドカム様 事例インタビュー)
●「広告やシステムに関する知識がなくても心配無用。手間も時間もかけずに高い広告効果を実感した例をご紹介。」(落合住宅機器様 事例インタビュー)
●「Instagram集客から次のステージへ!Googleショッピング広告で認知度向上・売上増加したヴィンテージ革靴店の事例」(TKXコーポレーション様 事例インタビュー)

以上、イベントの様子をご紹介させていただきました!

今後も「EC Booster」では、関連する勉強会や情報提供を積極的に行ってまいります。

【2018年7月31日まで】GMOメイクショップが提供するネットショップ構築サービス「MakeShop」を新規にご契約された方向けにお得なプランをご紹介

「EC Booster」を使ってみたいけれど提携していないカートASP(※)をご利用の方に朗報です!2018年7月31日までに、GMOメイクショップが提供するネットショップ構築サービス「MakeShop」を弊社経由で新規にご契約された方へ、下記のお得なプランをご用意いたしました。
・MakeShop初期費用(1万円)キャッシュバック
・MakeShop無料体験期間を通常20日間→35日間へ延長

本プランを利用してショップ開店のお申込をされる方はこちらより申請ください。
本キャンペーンに関するお問合せ・ご不明点はこちらまでお願いします。
※現在「EC Booster」は、MakeShop、FutureShop2、ショップサーブ、カラーミーショップと提携しています。

最短5分で始められる!広告運用自動化ツール「EC Booster」について

「EC Booster」は、Google ショッピング広告がかんたんに始められ、自社ECサイトへのアクセスをすぐに増やせる広告運用自動化ツールです。
主要ECシステム(MakeShop、FutureShop2、ショップサーブ、カラーミーショップ)に対応しており、ご利用中のECシステムと接続設定を行うことでGoogle 検索と Google ショッピングの検索結果画面にて自社商品を訴求することが可能となり、ECサイトの売上拡大に貢献します。
サービスサイト:https://ecbooster.jp/
導入事例ページ:https://ecbooster.jp/usecase
セミナーページ:https://ecbooster.jp/seminar
プレスリリース:https://www.feedforce.jp/release/12862/

 


【株式会社フィードフォース 会社概要】

フィードフォースは、 「働く」を豊かにする。~B2B領域でイノベーションを起こし続ける~ をミッションにB2B領域で企業の生産性を高めるサービスを提供し、ビジネスをより創造性溢れるものに変えていきます。

会社名:株式会社フィードフォース
所在地:東京都文京区湯島 3-19-11 湯島ファーストビル5F
代表者:代表取締役 塚田 耕司
事業内容:データフィード関連事業 / デジタル広告関連事業 / ソーシャルメディアマーケティング関連事業 / その他事業
Webサイト:https://www.feedforce.jp/
 

<本件に関するお問い合わせ先> 
株式会社フィードフォース 
担当:中村、金井
TEL:03-5846-7016  (受付時間:10:00~17:00/土日祝日除く)
FAX:03-3834-7666 
E-mail:pr@feedforce.jp