フィードフォース、Yahoo! JAPANとデータフィード分野で業務提携 企業のCRMデータや商品データを、マーケティング施策で効率的に利活用可能に

株式会社フィードフォース(所在地:東京都文京区、代表取締役:塚田 耕司、以下「フィードフォース」)は、データフィード分野における、ヤフー株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長 宮坂 学、以下「Yahoo! JAPAN」)との業務提携についてお知らせいたします。
まず、DMP領域においては、今年7月より「Yahoo! DMP」(※)をご利用の企業は、自社のCRMデータをより簡単に投入できるようになりました。
また、広告領域においては、広告出稿時のオペレーション支援サービスとしてYahoo! JAPANより年内に提供される予定の「Yahoo!データフィード」に、当社のサービスが採用されます。これにより、企業の商品データなどを、Yahoo! JAPANの提供する広告サービスに効率的に活用できるようになります。

(※)Yahoo! DMPはYahoo! JAPANが提供するDMPです。
 
 
release5454

図1 データフィード分野における業務提携のイメージ

 
 

今後の展望について

フィードフォースでは今後も、各種領域に強みを持つ新たな広告媒体に向けたフィード作成・配信にもスピーディに対応し、データフィードの最適化と運用の実績をノウハウとして蓄積し、企業のさらなる広告パフォーマンスや売上向上に貢献してまいります。
 
【株式会社フィードフォース 会社概要】
会社名:株式会社フィードフォース
所在地:東京都文京区湯島3-19-11湯島ファーストビル5F
代表者:代表取締役 塚田 耕司
事業内容:WEBマーケティング関連サービスの提供/自社メディアの企画・運営
Webサイト:http://www.feedforce.jp/
 
 
<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社フィードフォース 担当:谷垣、澤井
Tel:03-5846-7016 FAX:03-3834-7666(受付時間:10:00~19:00/土日祝日除く)
Email: e-mail:pr@feedforce.jp