フィードフォース、ギフト専門サイト「COCOMO」のソーシャルキャンペーンを支援、キャンペーンページ閲覧者の5人に1人が投稿などの成果

2011年10月19日
株式会社フィードフォース

フィードフォース、ギフト専門サイト「COCOMO」のソーシャルキャンペーンを支援、キャンペーンページ閲覧者の5人に1人が投稿などの成果
~ソーシャルコマース支援ツール「ソーシャルPLUS」を利用し、他キャンペーンと比較して大きく投稿率を増加させることに成功、さらに投稿を蓄積しサイト内のナビゲーションに活用可能に。~

株式会社フィードフォース(本社:東京都文京区、代表取締役:塚田耕司、URL:http://www.feedforce.jp/ 以下フィードフォース)は、株式会社オールアバウトエンファクトリー(本社:東京都渋谷区、代表取締役:加藤健太、URL:http://enfactory.co.jp/  以下エンファクトリー)が運営するギフト専門サイト「COCOMO」(URL:http://ccm.stylestore.allabout.co.jp/)に対し、この7月よりソーシャルコマース支援ツール「ソーシャルPLUS(ソーシャルプラス)」の提供を開始しておりましたが、このたび支援したキャンペーンにおいてキャンペーンページ閲覧者の5人に1人が投稿などの成果を得ることに成功しましたのでお知らせいたします。

◆◇◆【キャンペーン内容について】◆◇◆

今回「COCOMO」サイトで展開したキャンペーンは、「教えて!異性からもらたいギフト!」というキャンペーンで、来訪者が男性ならば「女性からもらったら」、女性ならば「男性からもらったら」ちょっとドキッとするプレゼントを「COCOMO」サイト内から自由に選んでもらい、投稿してもらう企画です。投稿時に、TwitterまたはFacebookを選んでソーシャルネットワークに同時投稿が可能でした。

「ソーシャルPLUS」が持つキャンペーン支援機能のうち「商品選択型キャンペーン」を利用して展開しました

◆◇◆【成果について】◆◇◆

キャンペーンの結果、得られた成果は主に次の2点となりました。

◎1、高い投稿率

今回の「異性からもらいたいギフト」キャンペーンでは、もらいたい商品を「サイト内から1つ自由に選び、コメントをつけて投稿する」というタスクをユーザーに実施してもらう必要があり、操作上のハードルがありましたが、5人に1人が投稿するなど比較的高い投稿率(※1)となりました。

※1「投稿率」は「投稿数/キャンペーンページ訪問数」で算出しています。

また、以前エンファクトリーが展開したTwitterキャンペーンでは、キャンペーンページ訪問数に対し数%の投稿率となっていましたが、今回のキャンペーンではその4~5倍強の投稿率となりました。

◎2、投稿を蓄積してナビゲーションに転用

また今回投稿された内容は、サイトの「ソーシャルほしいものリスト」内に蓄積され、サイト来訪者は他のユーザーの投稿を見ながらギフトを探すことが可能になります。

これら2点の成果により、個々の商品についての「来訪者の気持ち」をキャンペーンにより可視化し、それをサイトの他の来訪者への商品提案に活用してくというサイクルが実現しました。

◆◇◆【エンファクトリー「COCOMO」ストアマネージャーのコメント】◆◇◆

エンファクトリーの「COCOMO」ストアマネージャー清水正樹氏は「投稿から表示・集計まで、ツールを利用できるのでキャンペーンの運用簡素化ができ、かつ投稿数に関しても一定の成果をあげられた。キャンペーン以外の使い道としては、ソーシャル化されたお気に入りリストを「繋がっているひとの欲しいものが見える」ギフト選びに便利なツールとして活用していければと考える。」と述べています。

また「COCOMO」では、上述のキャンペーンは終了しましたが、「ソーシャルほしいものリスト」は継続利用中となっており、今後も「ソーシャルPLUS」を利用して新たな仕掛けを行っていくとのことです。

◆◇◆【フィードフォース代表取締役のコメント】◆◇◆

フィードフォース代表取締役の塚田耕司は「まずは前向きな成果が得られてうれしい。現在並行して他企業様向けにも導入が進んでおり、実際ECサイト様に使っていただく中で、ECサイトが長期的に取り組めるソーシャル施策としての具体的、実際的な課題をどんどん解消していきたい。それにより、より成果につながる、より使いやすいツールとして育てていく。」とコメントしています。

[ソーシャルPLUSについて]

ソーシャルPLUSは、ECサイトのソーシャル化を支援するツールで、フィードフォースが開発・運用しています。簡単なタグをサイトに貼りつけるだけで導入ができ、サイト上にソーシャルネットワークと連動したコンテンツや機能を設置することができます。

・U R L : http://socialplus.jp/

◆株式会社フィードフォースについて

フィードフォースは、「企業の持つ情報を適切な場所と形でユーザーに届ける」という事業ドメインの元、RSSフィード・メタデータなどの仕組みを通じて、多くの企業様のビジネスをお手伝いさせていただいております。

・会 社 名: 株式会社フィードフォース
・所 在 地: 東京都文京区湯島3-19-11 湯島ファーストビル5F
・代 表 者: 代表取締役 塚田 耕司
・資 本 金: 33,000,000円
・事業内容: RSSフィード、メタデータ等を用いたインターネット上でのマーケティングシステムの提供 / 自社メディアの企画・運営
・U R L : http://www.feedforce.jp/

<本件に関するお問い合わせ先>

■ 株式会社フィードフォース
担当:阿部・喜多
Tel:03-5846-7016 FAX:03-3834-7666
ホームページ:http://www.feedforce.jp/