オウンドメディアのソーシャル化を支援するフィードフォース、メール配信のエイジア社と業務提携―ソーシャルデータや楽天IDと連携したメールマーケティングを共同で提供。新規会員獲得から既存客の深耕まで支援―

株式会社フィードフォース(本社:東京都文京区、代表取締役:塚田 耕司、以下「フィードフォース」)は、メール配信システムを提供する株式会社エイジア(本社:東京都品川区、代表取締役:美濃 和男、以下「エイジア」)と業務提携を行い、ソーシャルデータ*1や楽天IDを活用したメールマーケティングサービスの提供を双方協力して行うことを本日決議いたしましたので、下記の通りお知らせいたします。


【1.エイジア社との業務提携の背景】

近年は、顧客ニーズの多様化やデジタルマーケティング技術の高まりを背景に、顧客をより詳細に理解し精度の高いメールマーケティングを実現したいという要望を数多くいただいております。

フィードフォースはこれを受け、2013年11月27日に、自社開発・提供する「ソーシャルPLUS」とエイジアが提供するメール配信システム「WEBCAS e-mail」の連携を開始いたしました。

今回フィードフォースおよびエイジアは、双方のサービスを連携させた「ソーシャルデータを活用したメールマーケティングソリューション」のメリットをさらに強化するとともに、双方の顧客基盤を活かし、さらなる拡販を行っていくことを目的に、2014年1月28日に業務提携を行うことで合意いたしました。


【2.業務提携の内容】

本業務提携により、フィードフォースおよびエイジアは、「ソーシャルPLUS」と「WEBCAS e-mail」の拡販を両社協力して行い、双方のシステムを連携して利用する場合、新規導入するシステム利用料は特別価格でご提供いたします。

また、フィードフォースおよびエイジアは、2013年12月19日、楽天株式会社(以下「楽天」)より、「楽天あんしん支払サービス*2 かんたん登録オプション*3」導入サポートを行う公式パートナーとして認定を受けました。これにより、ソーシャルメディアのユーザーに加えて、8,740万人(2013年9月末時点、楽天発表)という国内最大級の会員数を誇る楽天会員をターゲットにしたソリューション導入支援が可能となりました。これにより、「楽天会員およびソーシャルメディアユーザーへの精度の高いメールマーケティング」を両社協力のもと提供いたします。


【3.「ソーシャルPLUS」と「WEBCAS e-mail」を活用して提供できるメリット】

ソーシャルログイン*4をはじめ、Webサイトに様々なソーシャルメディア連携機能を簡単かつスピーディに導入できる「ソーシャルPLUS」が、メール配信システム「WEBCAS e-mail」と連携することで、クライアント企業様には以下のメリットが提供できます。

◆メール会員数(メールマーケティング対象者)の拡大効果

ユーザーは、日頃使い慣れたソーシャルメディアや楽天のID/パスワードを用いて簡単に会員登録が行えるため、新規会員登録率の向上を促進します。
さらに「ソーシャルPLUS」が提供するソーシャルシェア機能やソーシャルメディア連動キャンペーンを組み合わせることで、Webコンテンツをより効率的にソーシャルメディア上で拡散させることが可能となり、メール会員数拡大に寄与します。

◆会員データベースとソーシャルデータを連携、充実した情報取得が可能に

「ソーシャルPLUS」は、ソーシャルログイン機能を通じてユーザーから許諾を得た上でソーシャルデータを取得し、通常の会員データとソーシャルデータを連携させることが可能です。これにより、会員情報入力の手間を省きユーザーの利便性向上・離脱防止を実現しながら、従来では取得が困難だった充実したユーザーの属性情報・趣味関心情報の取得が可能となります。

なお、ソーシャルデータは、ユーザーが導入企業Webサイトにログインするたびリアルタイムに更新されるため、アクティブな情報を把握しやすいというメリットがあります。

◆ソーシャルデータや楽天会員データを利用した、きめ細かいメールマーケティングの実現

<ソーシャルメディア上で影響力のあるユーザー向けにメール配信>

ソーシャルメディア上で、友達の数やフォロワー数が多く、影響力のあるユーザー(インフルエンサ)に対して、プレミアム感のあるコンテンツを配信し、コンテンツのシェアを促進。

<Facebookページ上の行動履歴に応じたメール配信>

特定のFacebookページや特定のキーワード(言葉)を含む記事に「いいね!」やコメントをしたユーザーや、特定回数「いいね!」をしたユーザーに対して、プレミアム感のあるコンテンツや特定の商品のPRメールを配信。

<自社Web会員・楽天会員へのメール配信>

「楽天あんしん支払サービス かんたん登録オプション」利用時、一般会員に加え、楽天会員(楽天IDを利用して自社サイトに登録したユーザー)へのメールの同時配信が可能に。メルマガの一斉配信はもちろん、性別・地域別メールや、誕生日メールなど、属性情報に応じた配信を実現。

(注:楽天が安全な配信環境を維持するため、楽天会員にメールを届けるには、楽天から公式パートナーとして認定を受けた企業のメール配信システムを利用するか、楽天が提供する配信機能を利用する必要があります)


【4.両社サービス利用企業へのコストメリットを提供】

今回「ソーシャルPLUS」と、「WEBCAS e-mail」のクラウド(SaaS)版を双方利用する場合に限り、新たに導入するシステムの月額利用料を2割引でご提供いたします。

フィードフォースは今後も、「ソーシャルPLUS」のソーシャルデータ連携機能を活用して、CRMやレコメンドエンジン、広告配信プラットフォーム等の各種マーケティングプラットフォームに、顧客の嗜好性をより深く把握できるソーシャルデータを連携させることで、企業のマーケティング活動の精度向上に貢献して参ります。


◆「ソーシャルPLUS」について

株式会社フィードフォースが提供する「ソーシャルPLUS」は、ソーシャルログイン機能をはじめとする、オウンドメディアのソーシャル化に必要な各種機能を既存のサイトに簡単かつ安価に導入できるサービスです。ソーシャルIDと顧客データの連携、ソーシャルプロフィールからの顧客インサイト分析、ソーシャル広告との連動など、様々なニーズを叶えるソーシャルメディアマーケティング基盤を提供します。

・オウンドメディアのソーシャル化支援サービス「ソーシャルPLUS」 http://socialplus.jp/


◆メールマーケティングシステム「WEBCAS」シリーズについて

株式会社エイジアが自社開発した「WEBCAS」シリーズは、企業がインターネットやメールを介して顧客と有効な関係を築き、効率的・効果的なマーケティング活動を行うためのe-CRMアプリケーションソフトウェアシリーズです。メール配信システム、アンケートシステム、メール共有管理システムを有しており、EC運営企業、メーカー、生命保険、金融機関、官公庁などの大手企業を中心に1,600社以上の採用実績があります。特にメール配信システム「WEBCAS e-mail」は大手企業を中心に導入が進み、国内メール配信パッケージシェア1位を獲得*5しています。

・CRMシステム「WEBCAS」シリーズWebサイト http://webcas.azia.jp/

・メール配信ASP版Webサイト http://www.webcas.jp/e-mail/


*1: ソーシャルデータ

ユーザーがソーシャルメディア上に登録している属性情報や趣味・嗜好、「いいね!」やコメント等の行動履歴、フォロー数・フォロワー数などの人間関係情報の総称。

*2: 楽天あんしん支払サービス

楽天が2008年10月から提供している「あんしん」「簡単」「お得」なID型決済サービス。楽天グループ以外のウェブサイトでも楽天会員IDとパスワードを用いることで、クレジットカード情報などの決済情報を登録することなく支払いができ、楽天スーパーポイントを貯めたり利用したりできる。ECサイトから映画チケット予約サイト、宅配注文サイト、動画ストリーミングサイトなど、1,100サイトを超える(2013年12月現在)さまざまなウェブサービスが導入。

*3: 楽天あんしん支払サービス かんたん登録オプション

楽天が2013年10月から提供を開始した「楽天あんしん支払いサービス」のオプションサービス。楽天グループ以外のウェブサイトで会員登録する際、楽天会員IDとパスワードを用いることで、名前や住所などの会員情報が自動入力される。本オプションを加えることで、ユーザーは会員登録からログイン、決済までを一気通貫して「かんたん」に行うことが可能。

*4: ソーシャルログイン

FacebookやTwitterなどのソーシャルネットワークのアカウント情報を用いて、Webサイトに会員登録やログインができる機能。

*5: 国内メール配信パッケージ市場シェアNo.1

株式会社ソースポッド発行「国内メール配信市場分析レポート2012」による。


【5.日程】

2014年1月28日


【株式会社フィードフォースについて】

フィードフォースは、「企業の持つ情報を適切な場所と形でユーザーに届ける」ことを事業ドメインに、複数のマーケティングサービスを開発・提供し、多くの企業様のネットマーケティングを支援しています。

・会 社 名: 株式会社フィードフォース

・所 在 地: 東京都文京区湯島3-19-11 湯島ファーストビル5F

・代 表 者: 代表取締役 塚田 耕司

・資 本 金: 33百万円

・事業内容: ネットマーケティングサービスの提供 / 自社メディアの企画・運営

・U R L : http://www.feedforce.jp/


【株式会社エイジアについて】

CRMマーケティングシステム「WEBCAS(ウェブキャス)」シリーズの提供をコアビジネスとして、インターネットビジネスの戦略からウェブサイトの構築・運営・販売促進までをワンストップで支援する、インターネット・マーケティング・ソリューションカンパニーです。

・会 社 名: 株式会社エイジア

・所 在 地: 東京都品川区西五反田7-21-1

・代 表 者: 代表取締役 美濃 和男

・資 本 金: 322百万円

・事業内容: CRMアプリケーションソフト「WEB CAS」シリーズの開発・販売

       ウェブサイトおよび企業業務システムの受託開発

       ウェブコンテンツの企画・制作

・U R L : http://www.azia.jp/


<本件に関するお問い合わせ先>

■ 株式会社フィードフォース

担当:深谷

Tel:03-5846-7016 FAX:03-3834-7666

ホームページ:http://www.feedforce.jp/