2016年9月6日(火)開催、国内最大級のデータフィード専門イベント 『FeedTech2016』申込み開始! ~ LINE、Facebook、Twitter、Googleなど16社の登壇、10社のブースがイベントを盛り上げる! ~

株式会社フィードフォース(所在地:東京都文京区、代表取締役:塚田 耕司、以下「フィードフォース」)は、2016年9月6日(火)に御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンターにて無料で開催する日本最大級データフィード専門イベント「FeedTech2016 ” Datafeed Everywhere! “(以下、FeedTech2016)」の申込み受付を特設サイト( https://feedtech.net/ )にて本日より開始いたしました。
当日は業界の第一線で活躍する企業による講演・パネルディスカッション15本に加えて、10社によるブース展示を予定しています。ダイナミック広告はもちろん、分散型メディア時代を見据えたコンテンツ配信、各種レコメンド、DMPなど幅広いテーマを対象に、徹底的に語り尽くします!データフィードの概念だけではなく、広告領域に留まらないデータフィードの可能性についてもご紹介する特別な一日となります。先着順となりますのでお早めにお申込みください!

Feedtech2016_申込み開始_画像_サイズ調整

図1 FeedTech 2016特設サイトイメージ

開催概要

  • 名称:FeedTech 2016 “ Datafeed Everywhere! ”
  • 会期:2016年 9月 6日 (火)
  • 時間:10:30~17:30(10:00開場)
  • 会場:御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター 2F
       〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台 4-6
  • 入場料:無料(下記より、お申込ください。)
  • 事前申込みURL:https://feedtech.net(特設サイト)

登壇企業

図2 FeedTech 2016特設サイトより抜粋

メディアスポンサー(2016年7月20日現在)

図3 FeedTech 2016特設サイトより抜粋


▼FeedTech 2016に関する最新情報は、フィードフォースFacebookページにてお知らせします。
https://www.facebook.com/feedforce

データフィードとは

『自社で保有している商品などのデータを、広告配信先のフォーマットに変換して送信する仕組み』

具体的には、Facebookダイナミック広告やCriteoなどの動的リターゲティング広告、Googleショッピング広告、Indeed等のバーティカルメディア、価格比較サイトなど、各マーケティング施策ごとのフォーマットに合わせて、企業が保有する自社データを自動で変換し、提供する仕組みのことを「データフィード」と呼びます。
分散型メディアに注目が集まる昨今では、各メディアプラットフォームへのコンテンツ配信にも利用が期待されています。

FeedTech_リリース本文用データフィード仕組み

図4  広告主の商材データを配信するデータフィードのイメージ

データフィードを利用した多くの広告では、提供した商品データを使用してバナーが自動生成され、クリックしたユーザーを各商品の詳細ページに直接遷移させることができるため、広告効果が高くなりやすいという特徴があります。
入札調整、出稿除外など、広告運用と密接に結びついており、広告・集客効果を高めるためには、継続的な改善による「データフィード最適化」が重要とされています。

データフィード最適化サービス「DF PLUS」とは

「DF PLUS」は、フィードフォースが提供する、企業が保有する商材データをGoogleショッピング広告や動的リターゲティング広告、DMPなど多様な配信先に最適化する、導入実績No.1データフィード最適化サービスです。EC・人材・不動産・旅行業界等の「更新頻度が高く、多くの商材を保有する企業」に対し、柔軟に運用可能かつ効果的なデータフィードを提供します。
サービスサイト:https://dfplus.feedforce.jp/
 

【株式会社フィードフォース 会社概要】

フィードフォースは、「企業の持つ情報を適切な形でユーザーに届ける」ことを事業とするデータフィード領域のリーディングカンパニーです。データフィード最適化サービスや、ソーシャルログインサービスを提供し、300社を超える企業のマーケティングを支援しています。

株式会社フィードフォース
所在地:東京都文京区湯島 3-19-11 湯島ファーストビル5F
代表者:代表取締役 塚田 耕司
事業内容:データフィード関連事業 / デジタル広告関連事業 / ソーシャルメディアマーケティング関連事業 / その他事業
Webサイト:http://www.feedforce.jp/


◆報道・取材に関するお問い合わせ
取材目的の報道関係者様の場合、事前申込みは必要ありません。当日はお名刺を2枚お持ちの上、プレスカウンターへお越しください。

また、開催前の取材、その他ご質問等につきましては、下記あてにご連絡を頂戴できれば幸いです。
 

<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社フィードフォース
担当:谷垣、金井
Tel:03-5846-7016 FAX:03-3834-7666(受付時間:10:00~19:00/土日祝日除く)
Email:pr@feedforce.jp

※登壇者、登壇企業、講演内容、ブース出展企業については変更の可能性があります。
※商標または登録商標、その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。詳しくは、各社にお問い合わせ願います。