フィードフォース、ソーシャル連携型キャンペーンツール 「ソーシャルPLUS for キャンペーン」を提供開始 ー開発の手間なくスピーディに、優良な見込み顧客を集めるキャンペーンを実現ー

2012年10月29日
株式会社フィードフォース

フィードフォース、ソーシャル連携型キャンペーンツール
「ソーシャルPLUS for キャンペーン」を提供開始
ー開発の手間なくスピーディに、優良な見込み顧客を集めるキャンペーンを実現ー

株式会社フィードフォース(所在地:東京都文京区、代表取締役:塚田 耕司、以下「フィードフォース」)は、サイトのソーシャル化支援サービス「ソーシャルPLUS」が提供する各種ソーシャル連携機能を活用したソーシャル連携型キャンペーンツール「ソーシャルPLUS for キャンペーン」の提供を開始いたしました。

【概要】

【「ソーシャルPLUS for キャンペーン」について】

「ソーシャルPLUS for キャンペーン」は、FacebookやTwitterといった複数ソーシャルメディアと連携したキャンペーンを、手軽に実施できるソーシャルキャンペーン支援ツールです。
FacebookやTwitterのソーシャルアカウントを使ったワンクリック応募や、複数ソーシャルネットワークへのシェア機能を備えたキャンペーンテンプレートにより、キャンペーン実施企業様は、開発の手間なくスピーディに、ソーシャル連携キャンペーンを実施することが可能となります。

加えて、キャンペーンの成果を最大化するため、PCとスマートフォンそれぞれに最適化されたページを表示する機能や、メールアドレスだけでなく、特定のTwitterアカウントのフォローやFacebookページの「いいね!」を獲得する機能も備えており、キャンペーン実施企業様には、幅広いユーザー層にリーチし、複数のコンタクトポイント獲得につながるキャンペーンを実現いただけます。

【ソーシャルを使って優良な見込顧客を集めるキャンペーンを実現】

ソーシャルメディア・マーケティング・プラットフォームを提供する米国Wildfireのレポートによると、2012年のソーシャルメディアマーケティングのトレンドとして、ファンの数よりもエンゲージメントが重要であると予測されています。*1
今後国内でも、ソーシャル連携キャンペーンの実施にあたり、単に応募者やTwitterのフォロー、Facebookページの「いいね!」の数を集めるだけではなく、より見込みの高いユーザーの獲得に向けた効果測定やアプローチ方法の確立が重要になることが考えられます。

今回ご提供を開始する「ソーシャルPLUS for キャンペーン」は、単純に応募者やコンタクトポイントの数を集めるだけでなく、高意欲ユーザーの獲得分析に役立つ、ソーシャルメディア上でのキャンペーンの普及効果、シェアやリーチの状況を簡単に把握するための機能を取り揃えました。
さらにソーシャルユーザープロフィールを分析することで、ターゲットユーザー属性の抽出やキャンペーンの精度向上につなげることが可能となり、企業のマーケティング活動に幅広く貢献するキャンペーンを実現いたします。

*1: 出典「Wildfire 2012 Social Marketing Trend Forecast」

【「ソーシャルPLUS」について】

「ソーシャルPLUS」は、ソーシャルログイン機能*2をはじめとする、サイトのソーシャル化に必要な各種昨日を既存のサイトに簡単かつ安価に導入できるサービスです。Facebook、twitter、Google、mixi、Yahoo! JAPANなど主要ソーシャルメディアに対応しております。

「ソーシャルPLUS」のサービス詳細については、下記ページをご覧ください。
・ソーシャルPLUS http://socialplus.jp/

*2: FacebookやTwitterのようなソーシャルネットワークのアカウント情報を用いて、サイトにログインできる機能

【株式会社フィードフォースについて】

フィードフォースは、「企業の持つ情報を適切な場所と形でユーザーに届ける」という事業ドメインの元、RSSフィード・メタデータなどの仕組みを通じて、多くの企業様のビジネスをお手伝いさせていただいております。

・会 社 名: 株式会社フィードフォース
・所 在 地: 東京都文京区湯島3-19-11 湯島ファーストビル5F
・代 表 者: 代表取締役 塚田 耕司
・資 本 金: 33,000,000円
・事業内容: ネットマーケティングサービスの提供 / 自社メディアの企画・運営
・U R L : http://www.feedforce.jp/

<本件に関するお問い合わせ先>

■ 株式会社フィードフォース
担当:深谷
Tel:03-5846-7016 FAX:03-3834-7666
ホームページ:http://www.feedforce.jp/